2005年08月24日

国際化とは?

中国新聞地域ニュース
小中一貫で骨子案 広島市教委 '05/8/23


広島市教委は二十二日、小学五年から英語を教えるなど広島型小中一貫学習プログラムの骨子案をまとめた。同市教委によると、小中一貫のカリキュラムを基に小学校で英語を教える市町村は中国地方では珍しい。

 断絶しがちだとも指摘される小中学校間の連携を強め、義務教育の九年間を見通した独自カリキュラムで言語や数理の能力向上を図るのが目的。小学校への英語教育導入について市教委は、国の構造改革特区申請も視野に入れ、さらに検討を深める。


言語の能力向上ってゆーのは、国語力にほかならないと思うのだけれども。
グローバリゼーション?「戦争を知らない子どもたち」じゃなくって、「日本AND日本語を知らない子どもたち」が国際社会にどーやってでていくのかな。

箸もちゃんと使えない(持ち方)のに、西洋のテーブルマナーがどーとか言ってるのと同じ。


近頃の若いモンは、「近頃の若いモンは・・・」って言ってるオトナ?を見て育ってるわけだし。



こちら↓にトラックバックさせていただきました。
先生の半分が反対している小学校の英語必修
posted by OYAJI at 12:59| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
oyajiさん
おひさしぶりでした〜
わたしも、「英語力」より、「国語力」だと思います
国語力がなければ、英語を訳す力が出ない
そう思っています
自分にも小学生の娘がいますが
日本語大事にして欲しいと思います
語彙が豊かでなければ
英語の微妙なニュアンスは汲めないと思うんですよね
わたしも含めて日本語、もっと大事にしたいです
Posted by YOKU at 2005年08月31日 13:00
oyajiさん
おひさしぶりでした〜
わたしも、「英語力」より、「国語力」だと思います
国語力がなければ、英語を訳す力が出ない
そう思っています
自分にも小学生の娘がいますが
日本語大事にして欲しいと思います
語彙が豊かでなければ
英語の微妙なニュアンスは汲めないと思うんですよね
わたしも含めて日本語、もっと大事にしたいです
Posted by YOKU at 2005年08月31日 13:00
>YOKUさま
お久しぶりです。
「読み書きソロバン」なる言葉もありましたし・・・(今も言うのかな?)
どこかで見ましたが、「言語(母国語)=文化」ってゆーのはほんとにその通りですねぇ。。。
小学校で「英語」やるよりゃぁ、「敬語」しっかりせーよ!と(ボクも^^;)

上官に対して「サー」ってつけてりゃええのんと違う深さが「日本語の敬語」にはあるし。

「でさ〜」ってのは違うと思うけど。
Posted by OYAJI at 2005年08月31日 16:17
国語力、書く力もまた大切ナリ。
http://d.hatena.ne.jp/orochon56/20050831#p1
Posted by OYAJI at 2005年09月01日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
衝撃のリンク集
ランクバナー←ポチッとヨロクリ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。